大きくする 標準 小さくする

GWを終えて

2011/05/05

今年度のGWは天理合宿を日帰りの1日だけに減らし、

広いグランドを借りて、主に全員の経験を積ませる時間に割きました。

練習試合やアタックディフェンス、FW-BKのユニット練習を数多くこなしながら、

報徳学園ラグビー部が求めていくものを再度確認、そして徹底する作業を行いました。

 

練習試合では強豪校相手に苦戦を強いられながらも着実に前進する事ができたように思います。

また部内マッチでは新入生を含む全部員が熾烈なレギュラー争いに加わり、

自分に与えられたポジションの役割、自分の持ち味などを存分に発揮してくれました。

 

戦える選手が増えた事がGWでの大きな成果だったように思います。

痛みをこらえて必死に走る選手、ヘトヘトになりながら最後までボールを追い続けた選手、

そして「チームのために」何ができるかを模索してくれた選手も数多く見られました。

 

しかし、まだまだチームとしての課題は多いです。

でも、1日1日成長した事も確かです。これからも一歩づつ成長を続けよう。

 

最後に保護者の皆様、連日長時間の試合・練習に御協力いただきありがとうございました。

そしてお忙しい中、体を貸していただいた若いOBに、

知恵を貸していただいた先輩OB諸兄に御礼申し上げます。

 

感謝。