大きくする 標準 小さくする

県民大会vs科学技術(戦評)

2011/06/13

2トライを先制され、その後追いつき逆転するも、先週の準決勝と同じくラスト2分で逆転を許し、ノーサイドとなりました。

結果、県民大会4位で終えました。

勝ったチームが強く、負けたチームが弱い。
はっきりと数字が証明してくれています。

だからといって足踏みするわけでもなく、やってきたことの上積みに精度を加えながら、変えるべきところを変え、自信を取り戻すための何かを考えていかなければなりません。

選手が、スタッフが、1人1人が自分と向きあい、チームに何ができるのか答えを持って試験あけの練習再開日に集まりましょう。この夏泣いて、秋に笑えるように、覚悟と決意を持って臨みたいと思います。

相手がどうこうの前に、私生活、学園生活も含めて報徳学園のポリシーを曲げずに取り組みを強化したいと思います。過酷な夏を迎えるにあたり、厳しい練習を嫌々こなすのか、少しでも上手になるために自分自身と戦いながら練習に参加するのか大きな違いを実感してほしいと思うし、そしてチームに貢献できる何かを1人1人が求めていかなければなりません。貢献の仕方には色々な形があります。面倒くさい仕事を率先して行う、辛い時にチームを鼓舞する掛け声、気持ちよいあいさつ、素直な返事、ラグビー部に関わる人への尊敬、そしてグランド内での妥協を許さない徹底した厳しさ。

君達なら絶対にできる。
神は試練を乗り越えられる者にしか与えない。
道を切り開くのも君達だし、歴史を作るのも君達しかいない。
Team前田に課せられた試練を全員で乗り越えていこう。


運命よ、そこをどけ。俺が通る。
(NBAプレーヤー/マイケル・ジョーダン)

努力する人は「希望」を語り、怠ける人は「不満」を語る。
(作家/井上靖)

後悔する、弱音も吐く、でも必ず前を向く。
(NBAプレーヤー/田臥勇太)